読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

北海道余市産のひつじには乳酸発酵させたリンゴの餌を与えている!その名はアップルサフォークラム!!世界に類をみない最高級ラムです。

羊料理
今日オフィシャルページにてご案内を出したイベントの別記事を
こちらにも書きますね(^^)

僕のひつじの師匠が書いた記事です。

非常にユニークかつ理想的な酪農や農業のあり方が書いてありますね。



北海道の余市産のアップルサフォークという羊のお話。

f:id:hops125:20160126001435p:plain

サフォークはひつじの品種名。
ショーンのような可愛いやつです♪

f:id:hops125:20160126001345p:plain



羊に与える餌は余市産のリンゴの搾り滓ですが、発酵させているそうです。

ここでもやはり乳酸菌活躍してます!

乳酸菌は僕らの未来を変えてくれる可能性を秘めてますよね(^^)



以下引用開始!

 昨年も同じ話をしておりますが、
 もう一度書かせて下さい。


 年間頭数はその年にもよりますが、
 昨年は3頭、一昨年は5頭、さらに前は3頭。


 3年間の出荷総数は僅か11頭。


 今年の予定は今の所3頭です。
 (本日はそのうち1頭のみご案内出来ました)


 商業ベースで考えたら
 だれもこの僅かな頭数を育てる生産者はおりません。


 これは羊肉屋としての、
 世の中には様々な羊ができる可能性と、


 一体どこまで羊肉は進化するのか?
 というチャレンジでもあると思います。


 これは生産者も同じ気持ちだと思っています。


 無理はせず、
 自分たちの出来る範囲で、


 今ある環境を上手に活かし、
 その土地に育つ意味がある羊を作る。


 そうして出来たのが中村自然農園のアップルラム。


 羊肉はここまで変わる事が出来ると言う、
 奇跡をご覧にいれましょう。



【中村自然農園のアップル・サフォークラム?とは】---------



 ●りんごジュースの搾り滓


 現在NHK連続テレビ小説「マッサン」でお馴染みの余市町の
 隣の駅が「羊の育つ」仁木町。


 仁木町は北海道有数の果樹生産地帯。
 最も古い説では明治13年からの記録があります。


 北海道の風雪に耐えた100年以上の樹齢のリンゴの木も現存し、
 様々なりんごが生産されています。


 生のりんごも名物ですが、
 その加工品である最高のリンゴジュースは全国に名を轟かせています。


 つまり、最高のリンゴジュースを搾ったあには、
 最高のリンゴ搾り滓もたっぷりあるという訳です。


 もちろん中村自然農園さんにもリンゴがあり、
 その回りの農家さんも殆どがリンゴを育てています。



 この恵まれた立地と環境を最大限に活かし、
 この土地ならではの自然な羊を育てようというのが、
 この羊の主旨であります。



 搾り滓を手に入れた中村さんは、
 羊が好む餌になるよう一手間加えます。


 りんごの搾り滓を新鮮な内に乳酸発酵させるため
 ビニール袋に空気を抜きながら詰め込みます。


 こうすることでリンゴに付着している乳酸菌、
 酵母菌などがリンゴの養分を餌に発酵します。


 上手く発酵させると甘酸っぱい、
 嗜好性のよいサイレージ(飼料)になります。


 羊の嗜好性は生のリンゴよりもよく
 準備の段階から大騒ぎになります。


 昨年までは生のリンゴも与えていましたが、
 今までの研究の結果「搾り滓」のみの方が肉質が良くなった事もあり、


 今年からは出荷3ヶ月前から、
 リンゴの搾り滓を毎日与えて仕上げました。



 仁木町、そして中村さんだから出来る給餌だと言えます。



 更にお米や大豆類を蛋白源として与えますが、
 全てその地域でまかなったメイドイン仁木町。


 北海道のこの地域でしか育てる事が出来ない羊に仕上がりました。


 もちろん世界でもこうした飼育をしている羊はおらず、
 北海道で羊を育てる「意味」を考えさせてくれる、
 夢いっぱいの羊です!!

archives.mag2.com

ひつじは美味しい餌だということを本能で分かる部分がとても笑えました。

 上手く発酵させると甘酸っぱい、
 嗜好性のよいサイレージ(飼料)になります。


 羊の嗜好性は生のリンゴよりもよく
 準備の段階から大騒ぎになります。

早く早く〜〜〜 美味しいご飯おくれよ〜〜〜ってな感じですよね。きっと!

やっぱり醗酵食品って人間もひつじも大好きなんですよね〜(^^)v

 

 

中村自然農園のご主人。

f:id:hops125:20160126001709p:plain

f:id:hops125:20160126001744p:plain

ここから最高級のラムが年間約3頭だけ出荷される...

日本、いや世界最高峰のラム肉といっても過言ではないだろう。

f:id:hops125:20160126001918j:plain

このお肉を食すイベントページはこちらです。

限定10名のみのスペシャルな夜になりますよ♪

マニアックすぎる羊肉イベントのご案内!北海道余市産幻のアップルサフォークラムを楽しむ会

hops125.com