羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

学校などというものが無くなる日も近いかもね(^^) 次世代コンピューティングシステムについてザッカーバーグが語ったとか!?

これは日本ではなく、

中国開発フォーラム2016でのお話。

f:id:hops125:20160402195042p:plain

Facebookザッカーバーグが、

アリババの創設者ジャック・マー氏との対談で非常にユニークで画期的な対談を行ったようですね。

 

ある情報筋によると、

人間の脳細胞を活用したCPU(演算装置)がメインテクノロジーでほぼ実用段階に入ったと...

*現在この技術の一部は医療分野で使われています。皮膚に装着するだけで体内の情報を全て読み取ることが可能。

 

従来のPCでは成し得なかった高速かつ高度な情報処理が可能。

 

どうやら、人間との一体型という内容らしい!!

 

人間の脳は2〜3%しか使われてないというが、

このシステムを使うと人間の思考が飛躍的に向上する!

となると、学校で勉強なども必要なくなるでしょうね!?

 

オープンネットワークで世界中の人や情報機関と繋がり欲しい情報は瞬時にCPUが見つけ出し、脳でどれが一番自分に必要な情報なのかを数秒で判断する。

このアルゴリズムはほぼ完成しているとかいないとか...

 

こりゃ、先生も塾も商売上がったりですね〜w

 

これから10〜15年の間に世界には新しいタイプのコンピューターが出現する。19日、「中国開発フォーラム2016」の枠内で催された最大級のオンラインショップの創設者アリババ・ジャック・マー氏との対談の中で、Facebookザッカーバーグ社長が述べた。

 

 

f:id:hops125:20160402195053j:plain

 

「今、コンピューターには、デスクトップ、ラップトップ、スマートフォンがある。しかし、15年後には、まったく新しいコンピューティングプラットフォームができるだろう」 「機械が人間にとってかわり、人間の仕事がなくなる、と心配している人もいる。しかし、機械が人間と同じようなものになることは、ほとんどあり得ないことだ。心配は要らないと思う」と同氏。コンピューター時代は1940年代にはじまったとされる。ザッカーバーグ氏によれば、この間、コンピューターは5回、世代交代を経験した。

 

続きを読む http://jp.sputniknews.com/us/20160320/1811228.html#ixzz44euhTgwT

 

しかし、この内容が日本ではなく、中国で行われたイベントでという時点で日本はもうオワコンとして見なされているのかもしれませんね。残念...

 

ま、とりあえず僕らが生きてる間に凄い技術革新を体験出来ることに感謝ですね(^^)

 

 

皮膚に装着するだけで体内の情報を読み取るパルスオキシメーター