読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

興味の無い人はスルーして結構です。とてもナイーブな問題なので...

前項の記事でチェルノブイリから30年という記事を書きました。 
 
何でこのような記事を書いたかというと、
 
 
Facebookには冗談半分で書きましたが、
 
僕自身が3月末の某日明け方に意識不明になったからです。
 
只、好都合だったのが、2時間程で自然と意識が戻ったのです。 <<< なので、生きてますw  案外、何の痛みも感覚もなく死ぬ時はあっさりと死ぬんだな〜と思いました。 起こった事は笑い事ではないですけどね。(自分の体内にも放射化したタンパク質や細胞が血流にのって脳にも行っていると思います)
 

先日、お笑い芸人の前田健が新宿の路上で突然意識が無くなりぶっ倒れて死んでしまいましたよね... 残念な事ですが、それとほぼ同じ様な事が誰の身にも起こるのです。
 
今後かなりの確率で!!
 
マエケンは心臓系の病気を患ってとか記事に書かれてましたが、放射性物質セシウムは体内に取り込まれると血流にのって全身を巡り筋肉に蓄積すると言われています。
 
彼の患っていた心臓とは?
血流を全身に送るための筋肉組織である心臓です。多分、心臓にセシウムがかなり溜まっていたはずです。(解剖の結果は闇の中...) 
 
あと、数年前から出始めている甲状腺異常は個人の問題だけでなく多くの人の問題です!
今後日本人の抱える大きな問題になります。
 
時限爆弾のようなものです... 
 
しかも、5年以上経った時期から爆発的に増えます!!
 
しかし、日本国内と海外とでは認識に大きなズレがある事は間違いないと思いますね。
この図はそれを表しています(^^;)

f:id:hops125:20160731165754p:plain

国内は自分たちの住んでいる所は大丈夫!と思っているようですw
海外の目線だと日本全体がもう汚染状態...
 
 
ま、歴史は繰り返すですから...
30年前にもそのような事がある国で起きました。
どこかは分かりますよね?
 
原子力災害でチェルノブイリを中心とするウクライナベラルーシで多くの人たちが罹患した放射線障害です。
 
ここ日本に於いても福島原発爆発事故で被害の大きかったのは福島だけではなく、その放射性物質を含んだ雲が何処へ流れたのかが問題だったのです。
当然、あの爆発後東京都内でも異常なほどの放射性物質が検出されています。確か3月15日だったと記憶しています。その後も放射性物質は色々な物と一緒に人体へ蓄積されています。
 
10年以上も前に今の日本を予見するような情報がウェッブサイトにあります。
 

「僕と核」 presented by shing02

 

僕と核には次のような事が書かれています。

ストロンチウムはカルシウムと同じ代謝で体内に蓄積します。核変するとイットリウムという物質に変わり、それが膵臓に最も蓄積するのです。

膵臓とは実質臓器とも言われる小さな臓器ですが、タンパク質、糖質、脂質を分解する酵素(膵液)を出す大きな役割を果たしています。

有名人でもこの膵臓を患う人が増えつつあります。日々生活している我々の腸の異変はこれと関係しているのではないでしょうか?(僕の友人達もここ最近お腹の調子が悪いという事を聞きます。それは単にストレスなのでしょうか?)
 
先日も深夜にしれ〜っとこのような番組が放送されていました。
内容的には驚愕の事実満載! 今更... という感じですが(苦笑
ナチュラルな料理を研究している料理研究家のブログに甲状腺異常の事が書かれています。
 
10年後になにを話そうか。:くみんちゅキッチンのごはん日記

どうすれば良い?んですかという話しになると思いますが、
日々出来る事を根気強くやるしかないのが実情です。
 


・体を冷やさない!>>>免疫を落とす原因は冷えなので!重要です。
・外出時はマスク(N95規格が良い)着用。
・魚介、海藻類は極力控える!(特に太平洋側の魚は生物濃縮がもの凄い!)
・牛乳は飲まない。>>>魚介類と同じく生物濃縮が問題になります。
・玄米を主食とした控えめな食事
・日々の飲用水は九州の物か海外のミネラルウォーターが良い。>>>僕は霧島の水を愛用してます。
・ビールは大量には飲まないw>>>体の冷えを招きます。

 

あと、僕がやっている効果的なものは乳酸菌を出来るだけ摂取する!>>>ヨーグルトは牛乳(生物濃縮が凄いのでw)が原料なのでオススメしません。植物性の物がベスト!
 
植物性の乳酸菌が入っている食べ物:味噌、お漬物、キムチ。米とぎ汁や玄米を発酵させると乳酸菌液が自宅で培養出来ます。作り方は羊飯のブログにもかいてあります。
 
 
 
この事を踏まえて
 

情報交換その1

 

少しずつ現状理解をしていただければと思っております。
 
まず、福島は今どうなっているか!?
ですが、
 
1号機〜4号機までの燃料棒、冷温貯蔵されていた燃料棒も全てメルトアウト(原子炉ないしはプールから出てます)
地下数百メートルほどでデプリ(塊)となって再臨界してます。
 
この事は一切報道禁止です。
まだ燃料がある事が前提なので…w
 
これが始まったのは、ちょうど1年ほど前から。(2015年の3月末頃から)
 
この時期から日本全国で湿度100%を記録する箇所が続出。
しかも何日も連続して!
地下で数千度になった高温デプリが水脈とぶつかり大量の水蒸気を吹き上げているのが原因。
その水量たるや1000トン/日以上というから凄い量です。
 
専門家曰く、福島の汚染冷却水が外部に漏れでないように地下に水ガラスを流し込んでしまっているのが大きな原因で、行き所のなくなった地下水脈が福島原発の地下に相当量溜まっている。
しかも、元々阿武隈水系などの豊富な水源が近くにある為地下水とも交わっている。
昨年は半年以上もこの放射性水蒸気が関東全域含め全国に気流とともに流されてしまった。勿論、今もまた激しく吹き上げています。
現象としてあらわれたのは、視界を遮る濃霧(昨年秋や今年初めに東京でも観測)雲海のように広がったのは記憶に新しい。
 
この水蒸気には放射性トリチウム等がイオン化した状態で日本全国に飛散しています。
呼吸からも簡単に体内に取り込まれます。
内部被曝の大きな原因となります。
N95クラスのマスクも必須です。
 
 
実は、ある程度放射線障害についてはデータがしっかりと取れています。
公に大々的に公開しないだけです。>>>知っている人しか知らないという事実があります。
代表的なものは米国のアトミックソルジャーと、ソ連時代のチェルノブイリの事故です。
よくまとまっているブログがありますのでご覧下さい。
 
 
僕が思うには、
すぐには放射線障害が発生しない低線量の被曝と内部被曝は長きに渡り重大な影響をもたらすという結論に至りました。
*あの時、民主党の枝⚪︎氏が”直ちに影響は無い”としきりに連呼していたのはこのことを知っていたからです。
現在の日本がまさにそれですので、各個人の自己判断能力に委ねられることにります。
 
 
その2に続く。
 
 

情報交換その2

 

対策について。
 

@乳酸菌を毎日摂取する。

@マスクをする。

@自宅だけでも放射能ゼロ空間にすることを心がける。

・ヘパフィルター装着の空気清浄器をガンガン回す。

・サイクロン掃除機でこまめに掃除

・室内を乳酸菌液を噴霧器で潤す

@身体を冷やさない。>>>免疫力を鍛える。

@魚介類は極力食べない。

@野菜や肉類は西の方のものを取る。

@少食を心がける。

 
この中の乳酸菌を取るということの重要さは
実はこの事件に大きく関係しています。
 
僕の乳酸菌の師匠でもある飯山一郎先生の情報によると:
 
一昨年、STAP細胞疑惑がありましたよね?覚えてますか。
 
一躍業界のヒロインとしてノーベル賞候補にもなった小保方さん!
結局、小保方さんは理研をクビにされてネイチャー紙に掲載された論文も全て却下され、STAP細胞は闇に葬り去られた感があります。
 
でも、実はSTAP細胞は実在していました。
 
小保方さんも何度もSTAP細胞を再現したと言い張りました。
但し、あるものがあればというのがキモなのですが。
そのあるものというのが、植物性の乳酸菌液(オレンジ色をした液体)なのです。再現しようとした時にはその乳酸菌液がありませんでした。
 
人の真皮細胞を乳酸菌液につけておくと簡単に万能細胞が出来てしまう!
 
iPS細胞のように遺伝子を操作し細胞を癌化させるような技術とは真逆のものです。
この乳酸菌液の存在を教えたのが、僕が乳酸菌を知るキッカケになった飯山一郎という人の存在でした。
元は熊本大学の太田教授という人が飯山一郎のお弟子さんからこの情報を聞いて乳酸菌液を入手したとされています。
その後、新しい研究の目玉になると思った太田教授が理研の丹羽博士にこの事を伝えます。
丹羽博士の助手をしていたのが小保方さんでした。
 
この関係で何となく推測はつきますよね。
これは凄いとなって理研も総力をあげてSTAP細胞を喧伝しはじめます。
しかし、この事をよく思わない勢力がいました。
 
医療利権を握る製薬会社や医療団体です。
 
誰でも簡単に作れてしまう乳酸菌液で万能細胞が出来てしまっては困るのです!w
一気にSTAP細胞叩きが始まりました。あとはご存知の通りです。
ま、これが真相ということです。
 
追記(7/30 2016)
 
やっぱりSTAP細胞本当だったようですね!
米国の製薬会社がこれ関連で特許をだしているようです。
 
僕のBIOの先生で寺田さんの記事より引用。

日本の技術なのに米国に特許を取られて
また金まで取られてしまうのでしょうか?w
 
ま、STAP細胞は乳酸菌液なので自分たちで培養出来ます! 
その気のある人たちは自分たちで作り生き延びるでしょう!!
 
人間の細胞をも作り出してしまう乳酸菌!
ひょっとしたら放射能で傷ついた細胞をも治してくれる鴨...
 
要は、乳酸菌はとてつもない可能性を秘めているという事なのです。
 
なので、毎日摂りましょうと言っているのですよ(^^)v
 
 
その3に続く。
 
 

情報交換その3

 

 
人間の身体の不思議なのですが、細胞は新陳代謝によって常に新しいものに生まれ変わります。
この代謝機能をうまく応用するのがHSPヒートショックプロテイン)の考え方です。
 
熱によって身体の細胞に刺激を加えると、細胞がストレスを感じます。
そのストレスを緩和しようとHPSが生成されます。
その時に免疫細胞も活動を開始、身体の中のストレスを受けた細胞の修復や処理にもひと役買います。
免疫細胞が活性状態なるので、傷ついた不要な細胞(癌化した細胞等)はマクロファージやNK細胞に食べられてしまいます。
常に免疫細胞がカラダ中を駆け巡り監視している状態が望ましく、このことが健康であるという事につながります。
 
なので、グロさんは年がら年中Tシャツですがw
風邪を引きません。HSPをしっかりと活性化しているからですね。
 
 
日々忙しくても、本当のカラダの疲れを取るという意味でお風呂に浸かるという事は非常に大切になります(^^)v
 
 
追記(7/30 2016)
先日、飯山一郎の掲示板"放知技"に興味深い事が記されていたので記載します。
ひょっとして、ひょっとすると!?
日本って守られているのかもしれないとふと思った...
 
830:飯山 一郎 : 

2016/07/26 (Tue) 10:45:01

 host:59.106.217.108 .
中国大陸は,空気中にも土壌中にも微生物・細菌類が少ない.
人間だけは多いが…,生命体の絶対量が少ないのだ.

日本では,汗をかいたシャツを着たままでいると,酸っぱい
臭いがしたりして臭くなるが…,中国では大汗をかいた下着
を着たままでいても全く臭くならない.

日本人的な感覚では,汗をかいた下着やシャツは早く脱いで
洗いたいのだが,水の出が悪いので洗濯に時間がかかる.

中国で暮らすには,日本人的な潔癖な清潔感は捨てたほうが
E~ようだ.
◆2016/07/23(土)  中国の大地は生命体が希薄!
『塩地』では細菌も生息できず
黄河流域の諸所の土壌菌を↓培養してみたが…
  • 中国の大地は生命体が希薄だ.『塩地』の土壌中には菌類がいない.太陽光に当てたが光合成細菌も繁殖しない.
  • 黄河の河川敷の土壌(左)には,わずかな藻類がいた.
  • どんな悪い環境でも,微生物は環境を改善する.
  • 日本列島の微生物の絶対量は世界一だ.南方熊楠の粘菌研究の大功績も,日本列島の豊富な生命量のお陰だった.
  • 中国の大地,とくに『塩地』の土壌中に生命体を増やせば,土地は豊かになる.大収穫の農業が実現できる.
  • ワシは,中国の大地を変えてみせる! 命がけでヤル!
飯山 一郎(70)
 
この記事を深く読めば、日本はその他の国よりも微生物が豊富な為
有害な物質も無害化する力がある?鴨ということです。
但し、1Fは尋常ではない放射性水蒸気とホットパーティクルを吹き上げています。
まずは、自己免疫力を高く保つことが肝要に思います。
上記の内容はそれがあってこその一筋の光でもあります。
 
 
以上、知りうる全ての情報を網羅しましたが、
まだまだ言い足りない事ばかりです。
 
思いついたら追記していきますので、
このページをブックマークしていただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 
 
ps・一度、意識不明になってしまっているのでいつまで持つかは分かりません。
只、ひとりでも多くの人にこの危険な状況を知ってもらいたくこの記事を書きました。
ここに記した事は多くの中の一部です。
 
興味のある方はどうぞご自身でネットの情報の中から
ご自身が事実だと思う真実
を見つけて下さい。
 
注意)なお、僕の書く事や言動がおかしくなってきたら
放射脳になったと思って下さいw
見捨てていただいて結構です。
 
 
まだまだ諦めるのは早いです!
共に頑張りましょう!!