読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

ヒステリックになると見えなくなる。変なショックドクトリンを飲まされないように注意しないとね!

熊本地震の影響で取り沙汰されていますね〜

 

原発問題。

 

停止してさえいれば何でも良い!?

 

っていう風になってませんか...

どうなんでしょう?

 

冷静に考えれば、

使用済み燃料プールがどうだかが一番心配なのであって、

稼働中の川内原発ばかりを責めるのはどうかと思いますね。

 

 

以下引用

 

f:id:hops125:20160509043030j:plain

反原発派、熊本地震を利用 揺れ想定の70分の1、不安あおる 川内運転停止署名に12万人

 

 熊本地震をきっかけに、反原発運動が活発化している。国内で唯一稼働している九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)に対し、インターネット上で呼びかけられた運転停止署名が6日現在、12万4千人を超えた。だが、原子力規制委員会は「現状で安全上問題はない」と科学的根拠を挙げて地震の影響を否定。有識者もリスクは小さいと強調しており、過度に不安をあおる反原発活動の非科学性が浮き彫りになっている。

 「万が一、福島第1原発のように事故が起きれば、九州全体が放射線の海と化する」。熊本県出身者がネットで川内原発運転停止の署名を呼びかけると、4日間で10万人分を集め、第1陣として4月21日に内閣府に提出した。原発差し止め訴訟の弁護団などでつくる脱原発弁護団全国連絡会も、原発停止を求める申し入れ書を原子力規制委員会に提出している。

 布田川・日奈久断層帯で今回起きた地震の規模は最大でマグニチュード(M)7・3。規制委は川内原発の審査で、この断層帯が動く最も強い地震をM8・1と想定している。Mは1違うとエネルギーが32倍、2違うと1千倍になる。

 ただ震源に最も近い川内で観測された最大の揺れの強さは、わずか8・6ガル。審査の中で、耐震設計上設定された最大の揺れ(基準地震動)は620ガルで、今回の揺れは想定の70分の1程度でしかない。

 規制委の地震担当、石渡明委員は「(今回の地震は)断層帯の北側3分の2で起きている。全ての断層帯が動いても(川内で観測される地震動は)150ガル程度の揺れにしかならない」と説明する...

 

反原発派、熊本地震を利用 揺れ想定の70分の1、不安あおる 川内運転停止署名に12万人:イザ!

 

 

 

原子炉は様々なリスクを考慮して厳重な管理下に置かれているが、

一時保管されているプールはどうなのか?

 

結構な確率で倒壊する危険性があるのではないだろうか??

倒壊までもなく、亀裂から水が漏れ出るだけでもかなりの危険度です!

5年前と同様。水が無くなれば数時間でメルトダウンしてしまいますよ!!

 

福島ではもうとっくの昔にプールには燃料はなくなっているとも言われています。

*抜け落ちた燃料は?? 残念な事に地中深くで塊となり再臨界中...<<<誰も確認のしようがないけど、過去のデータやネット内での意見からはそれが読み取れる。

ネット検索も良いが、飯山一郎のHPを参考にすると良いでしょう!

もっとも熱い(厚い)情報が載っています。

 

 

ならば、少しでも稼働させて強固な原子炉内に燃料を置いておくという事も

ひとつの方法としてありではなかろうか?

 

 

もし停止するならば、

プールに保管している核燃料をしっかり管理出来るように

プールの耐震強化と管理を強化する以外に方法はないと思います。

あとは、設備の老朽化に伴う放射能漏れを防ぐための定期的メンテナンスの徹底です!

↑↑↑ もっとこれを言わなきゃダメでしょう!!↑↑↑

 僕も元はエンジニアのはしくれ。この位のことは分かりますw

 

 

ま、停止してても手間ヒマかかるというものですよ。

しかも、膨大なお金が必要です!1基当り数千億とも言われています。54基あるのですから国家予算何年分なのでしょうか(苦笑

 

 

停止してるから大丈夫!(安心)

なんていうのは

思考も停止してるのと同じですよwww

 

 

手を出してはイケナイものに手をつけたツケは生涯払い続ける事になる!

全く恐ろしいものに手を出してしまったものだ...

 

対策は各個人に委ねられる事になってしまうのも当然なのだ(--;)

 

全く

カムイ伝の正助のような心境だ!

歯を食いしばり耐え忍んで生き抜かねばならぬ。。