読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

ここ最近の体調不良続報。偏西風は巻き風に変わってます...

気になる事あれこれ 健康
そうだよなぁ。
 
F1からの気流の流れは、
先週はほぼ6日間ず〜〜っと関東以下九州まで風下。
偏西風は巻き風となって日本全国をグルグル回ってます…(悲
 
食べ物、飲み水は勿論のこと、
呼気からのホも注意しないとね。
 
対策やれる人は頑張りましょう!
 
以下、引用

f:id:hops125:20160523224343p:plain

f:id:hops125:20160523224406p:plain

f:id:hops125:20160523224450p:plain

f:id:hops125:20160523224625p:plain

f:id:hops125:20160523224652p:plain

f:id:hops125:20160523224751p:plain

西日本の小都市でも急病人が増えている。特に若い人が多いのが特徴。医師や看護師も体調不良で倒れ、看護師を追加募集しても集められずに病院経営が逼迫しているそうだ。急病人急増の原因がホである事がわからないから、対症療法に終始するしかない。悪循環が繰り返されるばかりか、更に増幅される。: ココログ里子のブログ

 

ちょうど1年前から猛烈に吹き出した放射性水蒸気がもくもくと全国を覆った。

上記の内容は昨年からの延長線上だ。

 

既に重要な警告は発せられていたのだ!

 

◆2015/10/16(金)  警報! by 飯山一郎
15日、中央線、総武線、東西線で急病人遅延の報告多数。

3月からの放射性水蒸気で、さらに放射能汚染された土壌が乾燥し空中に巻き上げられて、それを吸い込む事で内部被曝する。

4年半の内部被曝による放射能累積が限界に達している人々は、即、倒れます。

首都圏機能が麻痺し始めた。 https://goo.gl/4NZSQk

f:id:hops125:20160524020540p:plain

 AKIRA氏の指摘は重要だ 

「電車が急病人で遅延!」 これは、じつは、重大な事態だ。

というのは…、
電車に乘るのは元気な人で、その元気な人が突然、急病になって倒れる! ということだからだ。

電車のなかで突然倒れるのは、一体どういう人なのか?

「4年半の内部被曝による放射能累積が限界に達している人」だ。

首都圏機能が麻痺し始めた!
これが実相であり実態だ。現実だ。

現実は日々少しづつ変化しているので…、観察力のない普通の人には「変化」が見えない。が、「この変化」は どんどん加速する!

そうして今後、この国は、重大な「生死の選別期」に入ってゆく。

さて…、
日本列島は乾燥期に入った。乾燥注意報が広範囲に発令されはじめた。乾燥期には地面が乾燥して、ホットパーティクル放射性物質の超微粒子)が舞い上がる。マスクは必須だ。

いま、最も留意すべきは、内部被曝だ! 内部被曝による放射能障害の発症だ。

自分の身体の内部に目を向けろ! とワシは口を酸っぱくして言い続けてきた。

いま、ワシたちがすべきことは、免疫力アップ! これしかない。
病気になると、ほんと、つらいぞ! 健康で自由な人生が終わるのだからな。

牛~、外側の世界などは、ど~でもE~!
空中線量なども、あまり気にするな!

国家や政府など、すでに崩壊してしまっている。
今あるのは、国家でも政府ではない。
国民皆殺しの残忍で強欲な殺人機関でしかない。

反原発」 「脱原発」 「再稼働反対!」
こんな「運動」は(発狂している政府がある以上)何の役にも立たん。
無意味な「運動」は止めろ! 内部被曝が増すだけだ。

「社会正義」などとワケ知り顔で言う東大卒がいるが…、すべての「正義」は、今の日本には無い! 死んだ!という現実を知らぬ頭大(頭でっかち)だ。 (爆)
飯山 一郎

http://grnba.secret.jp/more76.html

 

 

 

今日も、サイレンが何度も鳴り響くが皆は知ってか知らずか気にもとめない...

 

自分の周りにも増えてますね、体調不良。

風邪や疲れとは何かが違うんだよなぁ...

しかも、周期的に来るのがまた厄介なんです(--;)

 

追記:海外BBCでも謎の眠り病が蔓延している日本の状況を報じてます。

慢性疲労症候群。原因はストレスや仕事の疲れだとか...

でも、ちょっと違くね?

www.bbc.com