読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

注文ミスの多い料理店には誰も行かないのと同じ事。国政選挙に未来など期待しない方が良い。

明日の選挙について思う事。(本音ですw)

 

マニフェストという名のレストラン。

f:id:hops125:20160709155217p:plain

 
過去、業態を変えながら数々のレストランが出てきました。
和食やら中華やらイタリアン、フレンチ、創作料理...
 
でも、やる事は必ずと言っていいほど
 
出ているメニューと実際出てくるメニューが違うという事です(爆
 
 
しかも、注文したものと違うじゃないか!と言うと。
いや、こちらの都合でこれしか出来なかったのですと言う...
 
 
それじゃ、困るから金を返せと言うと
いや、お金は返せませんと言う…
 
 
あなただったら、こんなレストラン行きますか?w
 
 
国政選挙というのはこういう事だと思っています。
 
 
注文したものが出てこないお店に誰が足を運ぶというのだろうか!
 
 
僕がよく見る掲示板にも同じような事が書かれていました。
なるほどと同感!
 
もうこの国には明るい未来など作れる組織や機関は無いという現実です。
 
 
放知技より(僕の好きな堺のおっさんからの引用です)
544:堺のおっさん : 

2016/07/09 (Sat) 08:49:37

 host:*.ocn.ne.jp 今回の参議院選挙でつくづく思うが、
日本はすでに実在の国家ではない。

確かに、庶民は生きて生活しているが、
庶民が国家と思っている「日本」はすでに
バーチャル化しています。

一方、権力者は自分繁栄のためにのみ必死で動き、実在の
巨万の富を独占しています。バーチャル国家はそんな権力者には
実に都合の良い国家形態なのです。

実際に、本当の人口もわからない、借金の額もわからない、
そんな仮想の国家がいまの日本。絆さえも仮想です。

たとえば、足元の地域自治会が「個人情報保護法」とやらの法律で
ご近所にもかかわらずお互いを知りえない。
情報はすべて「行政」の独占です。

もちろん、国政レベルの選挙もすべて集計はバーチャル。
せっせと投票に足を運ぶ国民には気の毒だが、ただのお祭り。

日本という国家の実権はすべて日本人にはない。
このことをあまりにも忘れすぎていて、何年かに一度の
選挙で日本が変わると思い込めるようになっている。

自衛隊は安保法政がなくても在日米軍の号令で尖閣でも
南沙でも突っ込まざるを得ないし、憲法を変えなくても
とっくに戦争する国になっている。

これほど、国民の認識と実際が真逆の国家は歴史上なかった
のではないか。

あなたは、バーチャル国家で「生きますか」、
それとも、まず自分で生き抜くことを決め、そうした人々とともに
実在の国家を再建し、そこで生きていきますか?
 
 
535:堺のおっさん : 

2016/07/08 (Fri) 10:22:55

 host:*.ocn.ne.jp 国政選挙って魔物である。

大方の有権者が、自分たちの代表を選んでいると、錯覚。

日本は、すでにバーチャル国家。

実験は戦後70年、ずーっと在日米軍が握り続けています。

この事実を抜かして、政治を語っても、ゲームと同じ。

幾ら選挙をやっても、リアル日本を縛る密約はなくならない。

 
511:堺のおっさん : 

2016/07/06 (Wed) 15:04:03

 host:*.ocn.ne.jp 国政選挙とは何か?

国民の権利だから行使すべしという。

民主主義の根本という。

そういう教育は生まれてこの方、ずーとされてきたが、

全部違う。

国政選挙ってのは、全権委任を認めたうえで、誰かに何をやってもよいという
権限を与えること。

その覚悟の1票を投じるなどお人よしにもほどがある。

日本は、本当の人口も国力も、何もかも本当のことがわからない
バーチャル国家になった。

実在の国民に対して責任を全うする組織などどこを探しても

ない。

だから、目を凝らしてよく見てみると、自分らのためだけに一生懸命
汗を流すごくごく一部の者たちだけが繁栄している。

選挙は権利、民主主義の根本、と屠殺者に委任してきた者は
破たんの淵に追いやられている。

投票とは、自分を屠殺する権限を誰かに与える行為に他ならない。
その覚悟で自由にどうぞ。

ユキノ氏風にアレンジしてみました。
 
 
追記:
 
553:堺のおっさん : 

2016/07/10 (Sun) 02:04:00

 host:*.ocn.ne.jp 
日本とは少し立場が違うが、アメリカの国益のためのバーチャル国家が韓国。

この国の大統領は、生命保険に入れないのではないかというほど、哀れな末路を
たどる。国民性だと理解していたが、それにしても例外がないというのも極端だ。

韓国の大統領の任期末期から終了後にかけて必ず在任中の不正が暴かれ、
一族郎党の利権あさりが糾弾される。仕掛け人はもちろん実際的権力者の
アメリカ。

このアメリカの演出のため、韓国の大統領は恐怖のあまり絶対に逆らえない。
もっとも、忠誠を誓っても一時の栄華と引き換えに地獄に叩き落される。
この原因は、決して、いやしい韓国人の国民性などではない。

韓国の権力者の心理に深く根差した動機付けは、代を追うごとに深く刻まれ、
もはや深層心理のレベルだ。絶対に逆らえない。だから、だれが大統領でも
韓国は変わっただろうか?

哀れな韓国。アメリカのためだけに存在を許される哀れな韓国。

しかし、このことを理解できても、日本は違うと考えるのであれば、
その人はどれほど深くアメリカにコントロールされていることか。

日本の現実は韓国よりももっと悲惨だが、それゆえ、韓国以上に徹底的に
コントロールされている。気付けないのが当たり前なのだ。

明日、日本人には「私たちの代表を選ぶ」というお祭りに参加できる
ありがたい権利がアメリカから許されている。
 
 
自分でリアルを作り生き延びていく逞しい人達が力を合わせて
リアルな新日本を作らないとダメですね。
 
中国でそれをスタートさせている人(飯山一郎)が少しずつ現れています。
 
 
唯一の希望ですね(^^)
 
 
なので、明日は早くからお店を開けて仕事します♪