読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊 飯

Hops125というお店をやっているグロさんの羊飯ブログです。大好きなひつじ肉やビール、ワインの事も書きますが、飲食人ブロガーとして日々の雑感、健康、乳酸菌などの情報を載せていきます。個人的にはブログは必須だと思ってます。ブログを運営し自分がありたい未来を描きたいですね(^^)

やはり実需が伴っている中国の現実はもっと凄い!ということが分かった(^^)

いや〜

このような投稿を待ってましたよ!!

 

僕が尊敬するというか、

この人のおかげで人生が180度変わってしまったのですからw

ま、これは別の稿で述べることにして...

 

 

僕が乳酸菌を培養するようになったのも

飯山一郎という人のおかげである!

家族一同皆健康で乳酸菌の恩恵を預かるものである。

 

この飯山一郎先生が運営する掲示板の常連でもあり博識な方が

堺のおっさんという人である!

 

過去の記事に何度も書いたことがあるが、

書くだろうなと思ったことを書いてくれた!

つい先日まで、中国に行っていたからだ!!

 

飯山一郎先生の汚泥処理事業の現地視察と今後の諸々を話し合うためだっただろう。

 

このような投稿をあげている。

 

僕らの知らない中国のホントの姿が浮かび上がってくる!

やはり、人口の多い国は違うなとも思ったが、

中国政府が長期に渡りしっかりとした政策を打ち出しているのが垣間見える。

どこぞやの金バラマキ政策・嘘つき政策とは全く違うことに羨ましさを覚えたくらいである!(泣

 

f:id:hops125:20161008022727p:plain

これらのマンション群には内装が一切施されていない!今後の様々な需要を見越しての事のようです。日本とは観点が全く違う!!w なので、実際かかっているコストが全然低いのです。

 

 

ま、以下堺のおっさんの投稿である。

僕らの国と日本海を挟んで隣の国がどのような考えをもって

発展を遂げているのかを感じてみてください!

 

放知技より引用

 

378:堺のおっさん : 

2016/10/07 (Fri) 23:50:08

 host:*.ocn.ne.jp 
中国のバブルがはじける、はじけるといわれ続けてもう幾年。

はじける証拠としていつもやり玉に挙がるのが無人のマンション都市。

写真を見れば、確かに不動産投資に失敗した廃墟のように写されているのだが…
それが、日本人の価値観を反映した目線であることは間違いない。

というのは、中国のマンションは基本内装をしないで建てる。内装は買った人が自分で行う。壁紙すら貼っていない。なので、同じマンションでもかかったお金は内装の差でものすごく大きくなることもあるだろう。

内装をしていない状態をスケルトンという。たとえば道路であれば、舗装はしていないが、そのうち使うことが予想されるのであれば、とりあえず下地だけでもやっとこうかというような感じか。そして実需が発生してからアスファルトを敷けば、あっという間に道路は完成。

要するに一人っ子政策を転換し、人口増に進む下準備が食糧増産の農業優先策だし、無人のマンション都市の出現なのだ。公共投資としても理にかなっている。おそらく安定してスケルトンマンションを建て続けていくだろう。

これが内装までして、売れる売れないで無理をして、高い物件を売りぬく日本の
不動産業的な視点では事の本質が見えてこない。内装で不要な付加価値を高めていないので、中国の不動産はむしろ先行投資とすら言える。

どうして、これがバブル崩壊の証拠となるのか? そうとしか見えない人の目は間違いなく節穴だ。きっと乳酸菌原液も作れないに違いない。 

 

377:堺のおっさん : 

2016/10/07 (Fri) 23:32:24

 host:*.ocn.ne.jp 中国が世界の工場であることは現地で幹線道路を走ればすぐに実感できる。
トラックがとにかくでかい。4tトラックくらいでは、日本の軽トラ並みだ。

何トントラックか知らないが、10tトラックよりもでかくて、タイヤの数も多い、やたらと荷台の長いトラックがずらりとならんで走る。

中国ではこの実需に支えられてバブルがはじけることはない。投機経済を主力にした国家がバブルの崩壊を恐れているだけだ。影響を受けないことはないだろう
が、影響は投機経済国家よりははるかに小さいものとなる。

やはり、資産保全には人民元は有効だろう。さらに言えば、投機経済がはじけた場合、元高になる可能性すらあるとみています。(ロシアルーブルも)

 

 376:堺のおっさん : 

2016/10/07 (Fri) 22:58:03

 host:*.ocn.ne.jp 中国では無免許運転すら、ある条件下では許される。
これにはびっくりしたが、本当だ。

農産物を運ぶ場合、運転手に免許がなくても許される。
しかも、高速代も無料となる。

ことほど左様に国民を食わせるということに本気だ。
当然、農産物を運ぶふりをして別の工業製品を運ぶということも
起こるが、きちんと摘発されるそうだ。

中国の農業保護というか、農業優先政策は半端ではない。
補助金をつけて、予算の一部が自動的に利権集団に入る日本とは
保護の姿勢が根本的に違う。

 

 

実に羨ましい限りの発展ぶり!

これは一度現地を視察したいものです。

ツアーでも組みますかwww